クラウドソーシングを利用しよう

フリーランスで大事なのは自分です。業務の内容は多岐に渡りますが、自分が事業主になり、自分が仕事をするということです。仕事をするにはまず、自分を売らなければなりません。フリーランスとして自分を売りたければ、国内外問わず閲覧出来るSNSで名乗るのが手っ取り早いでしょう。プロフィール欄で自己紹介を簡潔にまとめ、写真を載せて情報を発信。情報とは、自分の実力が見えるもののみならず、自分の日常や趣味嗜好と言った性格に関わるものです。画面の向こうにいる人間がどんな人物であるか、クライアントに理解してもらうための情報となります。

しかしこのご時世、ただ自分を良く見せて売っただけでは、買ってくれないことも多いでしょう。実績の無い者に仕事を依頼するのは、クライアントにとってもハイリスクだからです。大なり小なり金銭がかかるならば、実績があり信用のおける法人にしたいと思うのも当然だと言えます。だからフリーランスは常に、仕事の獲得方法を開拓しなければなりません。そのため、自分を売るということに抵抗があったり、活動が中途半端でアピールが不完全だと、フェードアウトしてしまうのです。

仕事の獲得方法の主流は、クラウドソーシングを利用した依頼の受注でしょう。クラウドソーシングとは、簡単に言えば不特定多数の「こういう仕事を依頼したい」という声を、一カ所に集めたサービスです。だから個々の案件毎に、依頼内容は勿論、クライアントも違えば報酬も違います。依頼が成立し、きちんと成果を出せば自分に報酬が行く仕組みから、ここを稼ぎ場に実績を積み上げる人も多くいます。実績が上がればクライアントにも一目置かれ、クラウドソーシングを使わず直接声がかかるという流れが出来上がるでしょう。